島津ホールディングス株式会社

採用

インタビュー

佐久間 直実
株式会社北都 本社営業部二課(2016入社)
佐久間 直実Naomi SAKUMA
静岡文化芸術大学 文化政策学部 卒

印刷物だけにとどまらない、営業の提案。

 印刷物だけではなく、テレビ・ラジオCMや新聞広告、最近ではYoutubeまで。幅広い広告媒体の提案も行っています。どの媒体で、どういう言葉で、どんなイメージで表現すれば情報が伝えたいひとに伝わるのか。お客様との対話のなかでヒントを探り、提案へと結びつけていきます。ターゲットに響く広告にするには、ニーズや嗜好などを把握することが第一歩なので、生活の中で見かける様々なターゲットに向けた広告のチェックを心掛けています。

お客様に一番近いからこそ、嬉しい実感もきっと一番。

 入社前はテレビやラジオで流れるCMに自分が関わるとはあまり思っていませんでした。自分が携わった広告が出ていると思わず見てしまいます。さらにお客様から「この広告よかったって言われるんですよ」と言ってもらえると、安堵感と嬉しさを感じます。
 新入社員の頃よりも少しずつお客様と距離が近くなってきて、広告や制作物の相談が増えてきたことも嬉しい実感です。お客様のもとへ頻繁に出入りする営業ならではの嬉しさかもしれません。良い提案ができるようにもっと経験を積まなければと気が引き締まり、次へのモチベーションになっています。

毎日がこうなりたい!の連続です。

 私は営業ですが、実際仕事をしてみると、こんなこともするのか!という発見が毎日のようにあります。制作しているものが多岐に渡ることや、営業の先輩方がユニークな発想で仕事を生み出していく姿を見て、仕事に対して限界の無さ、自由さを感じます。そんな環境にいるともっとこうなりたい!これもしてみたい!と思うことばかりで、それらを実現できるように、もっと成長していきたいと思っています。